勾留が決定されてしまった場合には、それ以上何もできることはないのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 初回相談・初回接見無料 刑事事件・少年事件の弁護人

頭を抱える人

裁判所の判断で被疑者の勾留が認められた場合、事件に関して嫌疑がかかっているその人は、自宅に戻れず留置所で生活させられることになります。

それは勾留請求日から10日間を基本とし、また、検察官の請求によって最大10日間延長されることもあります。正式に起訴された場合には、保釈が認められたり、収監が決まったりと、裁判の行方が決定するまで、さらに勾留が続くのです。

しかし、諦めないでください。もし被疑者の勾留が認められたとしても、「不服申立て」は可能です。通常、被疑者の勾留を決めるのは1人の裁判官ですが、不服申立てをすることで、その判断が本当に間違ったものでないかどうか、3人の裁判官に見直してもらうことができるのです。勾留という判断が正しいかどうかは、よほど事件が明確に悪質なものでない限り、裁判官によって考え方が変わります。不服申立ての結果、釈放が認められることもあるのです。

勾留が決まると、本人の肉体的・精神的打撃はもちろんですが、共に暮らす家族も非常に辛い思いをすることになります。被疑者に子どもがいる場合には、彼らの生活も心配されます。弁護士に依頼して、勾留から少しでも早く解かれるために不服申立ての弁護活動してもらうことは、非常に意義のあることではないでしょうか。

刑事事件・少年事件の弁護士 初回法律相談無料

あらゆる事件に「最善の弁護」を尽くします。
【刑事事件・少年事件の弁護人】

誠実かつ果敢な弁護を信条としています。
【初回相談・初回接見無料|24時間・土日対応】
無料法律相談の詳細を見る(http://www.mockingbird-keiji.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る