被害者が申告しなければ捜査されない事件があるというのは本当でしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 親告罪とは何ですか|京都はるか法律事務所

「親告罪」といって、被害者から事件があったことが警察に申告されない場合、捜査されない事件があります。みなさんの経験からもご想像できるでしょうが、世間一般にあらゆる意味で被害届が出されない、「警察沙汰」にされない問題は溢れており、その多くはやはり警察には捜査されません。

「親告罪」とは何か

親告罪とは、被害者から告訴されなければ起訴されない(裁判にされない)犯罪のことを言います。殺人などの重大事件の場合はあり得ませんが、被害者から被害が遭ったと警察に申告されない事件はよくあります。そのような親告罪の事件でもし告訴がないまま起訴されたとすると、裁判は訴訟条件を欠くものとして棄却され、犯人は有罪でも処罰されません。

親告罪の一例は、次の通りです。

  • 強制わいせつ罪、強姦罪などの性犯罪
  • 器物損壊罪、過失傷害罪などの比較的軽微な事件
  • 名誉棄損罪、侮辱罪など名誉等に関する事件
  • 親族間における窃盗罪、横領罪、詐欺罪、恐喝罪などの財産事件

親告罪でも捜査が行われることがある

もし被害者からの告訴がない親告罪であっても、警察は、告訴に備えて犯罪被害の捜査を行うことがあります。

また、親告罪の被害者が一度行った告訴は、起訴前は取り下げできますが、起訴した後には取り下げることができません。

まとめ

  • 被害者が告訴しなければ警察は捜査・起訴しない「親告罪」がある。
  • 親告罪の例としては、性犯罪や器物損壊罪などの比較的軽微な事件がある。

刑事事件を扱う法律事務所のご紹介

京都の弁護士に無料法律相談 京都はるか法律事務所

聞く力・解く力・伝える力
【京都はるか法律事務所】

初回45分の法律相談は無料です。
土日祝日・夜間対応|女性弁護士在籍・英語対応可
京都の弁護士に無料法律相談(http://www.kyoharu.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る