裁判離婚では、どのような場合に離婚が認められるのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 横浜で離婚の相談ができる弁護士 初回法律相談無料

六法を持った弁護士

夫婦同士の話し合いや、調停による離婚では、基本的に双方が「合意」に達すれば、どのような理由でも婚姻関係を解消することは可能です。

しかし、一方が(あるいは双方が)話し合いに対してどうしても承服せず、裁判という流れになると、裁判所で離婚が認められるには、法律で定められた「特別な理由」=「離婚事由」が必要とされます。夫婦の一方に、次に挙げる5つの離婚事由のうち、いずれかの条件がなければ、「離婚せよ」という法的強制力のある判決を勝ち取ることはできません。

民法で定められた離婚事由

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないこと
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由

ただし、もしこのように掲げられた離婚事由がある場合でも、裁判所は必ずしもすべての離婚の請求を認めるわけではありません。あらゆる事情を考慮して、まだ婚姻を継続していくことが不可能ではない認められるときには、離婚請求が棄却されることもあります。

横浜で離婚に詳しい弁護士

離婚の相談ができる横浜の弁護士をお探しの方へ

離婚・男女問題について300を超える基礎知識を掲載しています。
初回1時間の法律相談無料女性弁護士在籍
無料法律相談の詳細を見る(http://www.kanagawa-rikon.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る