民法で定められた「不貞行為」の定義を教えてください。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 不貞行為って何?|横浜で離婚の相談ができる弁護士

仕事をする人

「不貞行為」――俗に「浮気」「不倫」とも言われる行為です。あるいは、パートナーが自分以外の異性と親しく話したり、キスしたりするだけでも「浮気」と思う人も多いかもしれませんが、法律上の定義では、肉体関係がある場合のみ、「不貞行為」とされます。

つまり、個々に男女関係の考え方は様々でしょうが、法律上は「配偶者以外の相手とのセックス」が、「不貞行為」という定義になるわけです。また、不貞行為に関し、それを働いた者の感情は関係ありません。愛情のないセックスでも、配偶者以外の異性と肉体関係を持つと、それは不貞行為となります。すなわち、妻が売春した場合も、夫が買春した場合も、裁判では離婚事由として認められる可能性があるのです。

ただし、「夫が浮気をしていたから」「妻が売春をしていたから」という理由だけで離婚が認められることもありません。離婚の請求が裁判所に認められるかどうかは、「本当にその不貞行為によって婚姻関係は破綻したと言えるのか」という部分がカギになってきます。

たとえば、配偶者が長く愛人と付き合っている場合や、愛人と同居している場合には、不貞行為による離婚は認められやすいでしょう。しかし、いわゆる「一度限りの過ち」ということになると、それだけで直ちに婚姻関係が破綻するとは言えず、離婚の請求が棄却されることも少なくありません。

離婚問題を扱う法律事務所のご紹介

横浜で離婚に詳しい弁護士

離婚の相談ができる横浜の弁護士をお探しの方へ

離婚・男女問題について300を超える基礎知識を掲載しています。
初回1時間の法律相談無料女性弁護士在籍
横浜離婚の弁護士に無料法律相談(http://www.kanagawa-rikon.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る