離婚事由として定められた「悪意の遺棄」とは具体的にどういうものでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 悪意の遺棄って何?|横浜で離婚の相談ができる弁護士

相談中の風景

裁判離婚における離婚事由として定められた5つの項目の中に、「悪意の遺棄」というものがあります。
夫婦の一方が、配偶者を「悪意」を持って「遺棄」した場合、離婚が認められるのです。しかし、「悪意の遺棄」という言葉は、少し堅くて判りにくい印象です。

噛み砕いて、具体的に言いましょう。「悪意の遺棄」とは、次のようなことを指します。

  • 夫婦の一方が配偶者や子どもを一方的に放置して別居を続ける。
  • 収入があるにも関わらず、婚姻費用を分担しない。

民法の「第752条(同居、協力及び扶助の義務)」に定められる点に、「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」というものがあります。この義務を怠ることが、すなわち「悪意の遺棄」となるわけです。夫婦の一方が同居・協力・扶助の義務に違反している場合、裁判離婚でその行為は「婚姻関係を破綻させるもの」として問題視されます。

ただし、同居・協力・扶助の義務に見かけは違反していたとしても、「正当な理由」があれば悪意の遺棄には当たりません。何らかの理由があって同居・協力・扶助が難しく、そうせざるを得ない状況として別居状態などにある場合には、悪意の遺棄にはならないのです。

「正当な理由」として別居が裁判所に認められるケース(つまり「悪意の遺棄にならない別居」)としては、次のようなものがあります。まず、当事者の双方が合意に達し、別居している場合(子の進学のために妻と夫が一時的に別居する、など)。仕事の関係でやむを得ず別居しなければならない場合。そして、病による長期入院の場合。このような事情がある場合には、同居・協力・扶助の義務に外見上違反していても、離婚事由として認められる「悪意の遺棄」とはなりません。そこに「悪意」がないのですから、それも当然です。

離婚問題を扱う法律事務所のご紹介

横浜で離婚に詳しい弁護士

離婚の相談ができる横浜の弁護士をお探しの方へ

離婚・男女問題について300を超える基礎知識を掲載しています。
初回1時間の法律相談無料女性弁護士在籍
横浜離婚の弁護士に無料法律相談(http://www.kanagawa-rikon.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る