家裁での調停を考えていますが、協議がまとまらない場合は、どうなるのでしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 調停で解決できないときは?|横浜で離婚の相談ができる弁護士

法律の相談風景

調停の協議で双方に離婚の合意が得られず、一方がそれでも「離婚したい」という強い思いを持っている場合には、離婚の「裁判」を提起することが可能です。

家庭裁判所での調停といっても、基本的に「話し合いによる解決」を図る制度なので、実際に離婚するためには夫婦の合意が必要となります。家庭裁判所は「離婚したくない」という態度の相手にも出席するように呼びかけたり、夫婦の話し合いが良い形で終わるようにアドバイスしたりしますが、結果的に調停が不成立に終わることも少なくありません。

その場合は、調停の後、またそれとは別に離婚の裁判を提起するという方法があります。

いくら離婚したいという思いが強いからといって、いきなり法的な強制力のある判決を求めて裁判を起こすことはできません。離婚の裁判は、調停という段階を経てからしか、提起できないのです。何はともあれ、「話し合い」から解決の糸口を探ることになります。

離婚問題を扱う法律事務所のご紹介

横浜で離婚に詳しい弁護士

離婚の相談ができる横浜の弁護士をお探しの方へ

離婚・男女問題について300を超える基礎知識を掲載しています。
初回1時間の法律相談無料女性弁護士在籍
横浜離婚の弁護士に無料法律相談(http://www.kanagawa-rikon.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る