主人は調停では離婚に同意してくれないと思います。いきなり裁判にできますか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: いきなり裁判できる?|横浜で離婚の相談ができる弁護士

拒否

離婚の裁判を提起するためには、原則、裁判の前に家庭裁判所での家事調停という手続きを取らなければなりません。

これを「調停前置主義」と言います。つまり、いくら離婚したいという気持ちが強くても、いきなり裁判で判決を求めることはできないのです。

「調停前置主義」が原則とされている理由。それは、なるべく話し合いでの平和的な解決を図ることが、家庭紛争という問題の性質から考えて望ましいとされるからです。すなわち、「裁判するよりは、協議で離婚した方が穏やかでいいでしょう?」という考え方です。

もし調停の手続きを省略して、最初から裁判を提起するとどうなるのでしょうか? これは不適法な訴えとして無視されるわけでもありませんが、「ひとまずは話し合いをしましょう」という流れになります。
調停に付され、その結果、お互いの合意が得られないという状況になったところで、ようやく、希望の通り離婚裁判を申立てることができるのです。

「以前に調停はしたけれど、そのときは話がまとまらず、数年経って今また離婚を考えている」というケースでも、やはり、調停前置を求められることになります。
これは、時間が経過するとまた夫婦の間には別の事情が現れているかもしれないと想定されるためです。

例外的に、最初から裁判を提起できるパターンもあります。相手が行方不明となっていたり、あるいは、重度の精神障害などにより、そもそも話し合いができないという場合です。

離婚問題を扱う法律事務所のご紹介

横浜で離婚に詳しい弁護士

離婚の相談ができる横浜の弁護士をお探しの方へ

離婚・男女問題について300を超える基礎知識を掲載しています。
初回1時間の法律相談無料女性弁護士在籍
横浜離婚の弁護士に無料法律相談(http://www.kanagawa-rikon.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る