離婚の裁判を考えています。判決が出るまでどれくらいの時間がかかるのでしょう?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 裁判にかかる時間は?|横浜で離婚の相談ができる弁護士

裁判

裁判離婚は、多くの場合、長期化します。1年を超えることも珍しくありません。

最高裁の事務総局家庭局裁判所によって公表されている数字を見てみましょう。平成24年1月~12月の概況は、離婚裁判にかかる平均審理期間は、11.6か月であるとしています。

平均審理期間とは、夫婦のどちらか一方から離婚の訴えが定期されてから、判決、あるいは和解によって事件(離婚問題)が解決されるまでにかかる時間の、平均のことです。

夫婦のどちらもが裁判にきちんと出席して、判決まで出されたものに限ると(つまり「和解」というパターンを抜くと)――裁判離婚の平均期間は、15.9か月となっています。

このように、基本的には長期化する離婚裁判ですが、やはりケースバイケースです。短期間で終了することもあります。たとえば、相手が行方不明などのために欠席判決が下される場合、あるいは裁判が始まってすぐに和解に至る場合などは、提起された訴えの決着までに長い時間はかかりません。

しかし、裁判所の判決に不服があり、どちらかが「納得できない」と言い張ったり、離婚の条件等で細かい言い争いがある限りは、延々と裁判が続くことも。決着までに30年以上かかる例もあります。

離婚問題を扱う法律事務所のご紹介

横浜で離婚に詳しい弁護士

離婚の相談ができる横浜の弁護士をお探しの方へ

離婚・男女問題について300を超える基礎知識を掲載しています。
初回1時間の法律相談無料女性弁護士在籍
横浜離婚の弁護士に無料法律相談(http://www.kanagawa-rikon.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る