もし遺言がない場合は、どうやって遺産を分ければいいのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 無料法律相談可能 北九州の身近な弁護士 小倉駅前法律事務所

利益

民法で決められたところに従い、「法定相続」を行うことになります。

民法の取り決めには、誰に相続の権利があるのかという「相続人」、そしてその取り分を具体的にどれくらいとするのかという「相続分」についての定めがあります。すなわち誰がどれくらい遺産を受け取ることができるのかということが、決められているわけですね。

遺言がない場合は、協議もまじえながら、「法定相続」で遺産を分けると良いでしょう。

「相続人」について

相続人にも二種類あります。「配偶者相続人」、そして「血族相続人」です。配偶者の方は単純で、夫婦の遺された方ですね。血族相続人は、子、孫、父母、祖父母、兄弟姉妹、甥姪です。ただし父母等が遺産を相続する権利があるのは、故人に子や孫がまったくいない場合に限ります。また兄弟姉妹が相続できる権利が生じるのは、故人に子・孫、父母、祖父母がいない場合に限ります。

「相続分」について

配偶者相続人と血族相続人の取り分は、次の通りとなっています。

  • 故人に「配偶者」と「子」がいる場合…1:1
  • 故人に「配偶者」と「親等」がいる場合…2:1
  • 故人に「配偶者」と「兄弟姉妹等」がいる場合… 3:1

血族相続人について、複数存在する場合は、上記の取り分を平等に分けるのが原則です。

無料法律相談可能 北九州の身近な弁護士

北九州の弁護士に無料法律相談
【小倉駅前法律事務所】

便利身近分かりやすくかつプロフェッショナルな仕事を目指します。
【無料法律相談・平日夜間 土日対応】
北九州の弁護士について詳細を見る(http://www.kokura-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る