最近、物忘れが激しいのですが、そんな状態でも遺言を作ることは可能でしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 遺言のご相談|市川の弁護士 市川船橋法律事務所

メモ帳

判断能力に関して、詳しいところは、医師の診断を受けなければわかりません。
ただし、医師が判断能力ありと見なした場合には、遺言を作成することは可能です。物忘れが激しいという人でも、判断能力ありならば、法的に有効な遺言書が作成できます。

作成した遺言が有効か無効かを決めるのは、作成時の遺言者の「遺言能力」というものです。遺言能力とは、その遺言の内容が具体的にどのようなものであるかを自分で把握できるだけの知力、その遺言が自分の死後各相続人に対して及ぼす影響が正確に理解できるかという能力、そういったものを指します。認知症と判断された場合でも、その作成時に遺言能力があれば、遺言を作成することは可能です。逆に、認知症ではない場合でも、遺言能力を欠くという場合には、作成した遺言も後から無効にされてしまうことがあります。

よくあるのが、遺言書の死後、残された遺言について、「これを書いたときに本当に遺言能力はあったのかどうか」という点で、遺族が言い争うというものです。そのようなトラブルを避けるためにも、念のため、判断能力に不安がある遺言者は医師の診断を受け、診断書を作成してもらった上で、弁護士の助言も受けながら遺言を作れば確実でしょう。

遺産相続を扱う法律事務所のご紹介

市川船橋で無料法律相談なら 市川船橋法律事務所

市川・船橋で一番身近な法律事務所
【市川船橋法律事務所】

依頼者のために闘う弁護士事務所です。
市川駅南口から徒歩1分・初回法律相談無料
市川の弁護士に無料法律相談(http://www.ichifuna-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る