交通事故でこちらが被害者になった場合、何をすれば良いのでしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 千葉県の弁護士に法律相談 みどり総合法律事務所

正面衝突

交通事故は命を落とすような結果になることも少なくはないですし、加害者になれば当然のこととして、被害者になったとしても誰もが不幸になることに変わりませんので、交通事故など遭わないことに越したことはありません。
それでも残念ながら事故に遭われ、被害者になってしまった場合について説明します。

まず事故の内容が人身事故であれ物損事故であれ、またその規模が大きいか小さいかに関わらず、必ず警察に報告をしましょう。これは加害者側だけでなく、被害者側にも課せられている道路交通法上の義務です。それだけでなく、被害者であっても警察に届け出をしなければならない理由は、「交通事故証明書」の交付が受けられなくなってしまうからです。この交通事故証明書が無ければ任意、自賠責問わず保険金の請求を行うことができなくなりますし、また相手の所在が確認できなくなってしまった場合、賠償請求ができなくなる可能性もあります。

次にですが、交通事故証明書の他に、加害者となった相手の免許証と連絡先、加えて車両の登録番号なども確認しておきましょう。それ以外にも、第三者として事故を目撃していた人の存在が確認できれば、後に裁判等に発展した場合にも証人になってもらえるなど有効に働く可能性があります

不幸にも事故で被害者として身体に怪我を負い、病院に行くことになってしまった場合には、CTやMRIによる精密検査を受けておくことが望ましいでしょう。交通事故による怪我は、その時のレントゲン検査などでは異常が見つからなくても、事後になって後遺症が見つかるケースがあるからです。事故直後にちゃんと精密検査をして症状の確認をしておかなければ、後遺症と交通事故の因果関係を否定される可能性がありますので、ご自身の健康問題はさることながら示談交渉を円滑に進めるためにも精密検査を受けておきましょう。

千葉で弁護士をお探しなら みどり総合法律事務所

千葉の皆さまの一番身近な法律事務所を目指して
【みどり総合法律事務所】

民事事件全般から家事事件、刑事事件に至る法律問題全般を取り扱っております。
夜間・土日祝対応|債務整理に関しては初回法律相談無料
無料法律相談の詳細を見る(http://www.midorisogo-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る