交通事故に関して、加害者に賠償請求を行いたいと考えていますが、私の力だけでスムーズに処理できる自信がありません。やはり弁護士に依頼した方が良いのでしょうか。弁護士に依頼するメリットも含め教えてください。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 千葉県の弁護士に法律相談 みどり総合法律事務所

アドバイス

必ずしも弁護士に依頼する必要があるというわけではありません。被害者と加害者双方が、互いに納得できる内容で示談をすることが可能であれば弁護士に依頼する必要はなくなります。

しかし示談が上手くいかない場合ですと交渉事になりますし、裁判にまで持ち込まれてしまうと、個人だけでは納得のいく結果を得るのは難しくなる可能性もあります。弁護士に依頼するメリットは、やはり相手方との交渉を含め、依頼者にとって有利な示談内容にまとめてもらえることです。弁護士に依頼した段階で、相手方との交渉については全て弁護士に一任されますので、被害者が直接交渉をする必要も、加害者と顔を合わせることも無くなりますので、被害者にとっては負担が非常に軽減されることになりますし、示談交渉も個人で行うよりも良い結果を期待することができます。

示談に保険会社が介入してくる場合には、弁護士の役割が特に重要になってきます。保険会社は、通常支払われるべき保険金額よりも低い金額を提示してくる傾向が一般的に見られます。そのため、知らずに保険会社の申し出に合意してしまえば損をするリスクがあります。この点について交通事故における示談交渉の経験が豊富な弁護士に依頼することで、保険会社の提示案についてキチンと精査し、適正な保険金額を算定してもらえます。また提示された保険金額に不服がある場合には、弁護士であれば法律や判例の根拠に基づいて金額が不適当であることを反論してもらえます。またそれ以外でも、治療費の算定や、請求できる治療費の種類の判断ですとか、休業損害等の計算など個人では難しい内容については弁護士に依頼した方が良いと言えるでしょう。

千葉で弁護士をお探しなら みどり総合法律事務所

千葉の皆さまの一番身近な法律事務所を目指して
【みどり総合法律事務所】

民事事件全般から家事事件、刑事事件に至る法律問題全般を取り扱っております。
夜間・土日祝対応|債務整理に関しては初回法律相談無料
無料法律相談の詳細を見る(http://www.midorisogo-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る