警察から取り調べを受けるときには、どういう態度で臨むべきなのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る
相談中の風景

ご紹介: 三重県で刑事事件の弁護士をお探しなら 水口法律事務所 

理想としては、逮捕されてそのまま取り調べを受ける前に、弁護士に相談しておいて、助言してもらうのが一番です。

しかし、もし突然逮捕され、取り調べという流れになったなら、基本的には「黙秘」がもっとも賢い対応です。黙秘権は憲法で保障されたものなので、一言、「黙秘します」とだけ言い、後は知り合いや家族が弁護士に依頼してくれるのを待つべきでしょう。「弁護士を呼んでください」と警察に訴えるのもいいかもしれません。

警察の取り調べというのは非常に細かくて執拗です。喋ったことはすべて記録され、最後には「私は」という一人称でまとめられて、サインを迫られます。そこに署名し、指印してしまえば、最後と言ってもいいでしょう。その供述調書を撤回したり、訂正したりすることは難しくなります。

たとえ自分にまったく身に覚えのない事件であっても、その場で「無実だ」と騒ぎ立てるのはよくありません。警察に対して何かを話すこと自体、非常な不利益となりかねないのです。どのような苛烈な取り調べがあっても、教唆があっても、基本的には何も喋らないことがベストです。「無実なら無実でも、冷静になってすべてを話してみろ」と優しく言われたとしても、そのやり口に乗ってはいけません。ひとたび話し出すと、そこをきっかけに、警察にとって都合のいい供述調書を作られてしまいます。

刑事事件を扱う法律事務所のご紹介

三重県で刑事事件の弁護士をお探しなら 水口法律事務所

三重県で刑事事件の弁護士をお探しなら
【水口法律事務所】

お客さまと一緒になって取り組みたいと考えております。
借金問題のご相談は初回法律相談無料
三重県で刑事事件の弁護士に法律相談(http://www.mizuguchi-law.com/service1.html)

  • Pocket
  • LINEで送る