遺産分割協議書を、勝手に印鑑を使って捏造されました。どうすればいいですか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 兄に遺産分割協議書を偽造されました|千葉の弁護士 みどり総合法律事務所

サイン・契約と弁護士

その人の合意なく署名押印された偽造の遺産分割協議書は、無効です。

しかし、本当は無効なのですが、一旦通ってしまうと預貯金が引き落とされたり、不動産が名義変更されたりして、多大な不利益が発生することも――。そして、どのように対処すればいいのかわからず、そのまま泣き寝入りしてしまう人も多いようです。

遺産分割協議書が捏造された場合には必ず弁護士に相談してください。協議書が無効であることは、訴訟ではっきりさせられます。難しい言葉ですが、「証書真否確認の訴え」あるいは「遺産分割不存在確認の訴え」などを提起すれば、多くの場合無効は証明できます。

あるいは、また別な方法もあります。偽造された遺産分割協議書は無効であるものと、そのような前提で、遺産分割調停を進めていくのです。しかし、どちらの方法を選択すればいいかは、状況によって異なります。弁護士に相談すれば、助言が得られるでしょう。

遺産相続を扱う法律事務所のご紹介

千葉で弁護士をお探しなら みどり総合法律事務所

千葉の皆さまの一番身近な法律事務所を目指して
【みどり総合法律事務所】

民事事件全般から家事事件、刑事事件に至る法律問題全般を取り扱っております。
夜間・土日祝対応|債務整理に関しては初回法律相談無料
千葉の弁護士に法律相談(http://www.midorisogo-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る