債務整理

お金を貸している相手が、債務整理を申し出てきました。どう対応すべきでしょうか。

六法を持った弁護士

債務者が債務整理を弁護士に依頼したとなると、貸しているお金が丸々回収できる可能性は非常に低くなります。回収できたとしても、全額のごく一部となることが多いです。

しかし、完全に諦めることもありません。たとえば、相手が自己破産すると告知してから実際に手続きが始まるまでには、ある程度の時間がかかります。それまでの間に、債権の一部は回収できるかもしれません。弁護士に依頼して、ぎりぎりまで粘ってみましょう。

続きを読む

切羽詰って、気の迷いでヤミ金からお金を借りてしまいました。取り立てがとても厳しくて、辛いです。利息も高くて…やはり、すべてを返す以外に方法はないのでしょうか?

頭を抱える人

原則として、ヤミ金から借りたお金を返す必要はありません。すぐに弁護士に相談しましょう。取り立ても直後に止むはずです。出資法が規制する年率29.2%を超える利率での貸金、支払要求、受領といった行為は犯罪で、そのような業者は厳しく取り締まられています。

続きを読む

自己破産をすると、選挙権がなくなる、などの噂を聞くのですが、本当でしょうか?

悩む会社員・法律問題

いいえ、自己破産をしても選挙権を失うことはありません。

どうにも自己破産には暗いイメージがつきまとっているようです。しかし、決して破産は「人生の終わり」などではありません。借金生活から解放され、生活を再建し、立派に再出発する方もいます。次のような「噂」もいろいろありますが、嘘もあれば、本当のこともあるので、そのまま真に受けず、一つひとつ理解して、前向きに検討してみましょう。

続きを読む

過払い金を請求すると、信用情報にキズがつくという噂を聞きました。本当ですか?

チェックリスト

信用情報にキズがつく――すなわち、金融機関で共有されているブラックリストに載るかどうか、ということですが、これは一概にどうとも言えません。その他、「過払い請求をするとこんなデメリットがある」と噂されていることについて、3つご説明しておきます。

続きを読む

ずいぶん前に借りて、今は完済した借入について、どうやら過払い金があるようです。はっきりとしないのですが…弁護士に相談すれば、取り返せる可能性はあるでしょうか?

「(過払い金が)あるかもしれない」という程度の感触でも問題ありません。そのような心当たりがあるなら、無料相談を利用して、過払い金請求の案件を数多くこなしている弁護士(法律事務所)に話をしにいってみるといいでしょう。

「ずいぶん前」ということですが、それなら、“なるべく早め”の行動をお勧めします。というのも、過払い金の請求権は、完済してから10年経つと、消滅時効にかかるからです。

続きを読む

返済中でも過払い金が発生している場合があると聞きましたが、本当でしょうか?

家とお金

借りたお金を返済している途中でも、過払い金が発生している可能性はあります。

すでに7年も8年も返済を続けているにも関わらず、残高がなかなか減らないような場合には、過払い金が発生している可能性が疑われます。
借入額が100万円以上なら年15%、10万円以上100万円未満なら年18%、10万円未満なら年20%、利息制限法が定めるそのような利率を上回る利息が取られているのかもしれません。

続きを読む