犯した罪の刑を軽くするためには、どうすればいいのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 初回相談・初回接見無料 刑事事件・少年事件の弁護人

悩む人

事実関係を明白にし、少しでも情状酌量の余地を裁判官に見せることが大事でしょう。(「罪を軽くする」というよりは、「妥当な罪へ導く」為にというべきでしょう。)

裁判中に被害者への謝罪を口にし、反省の態度を示す。被害者に対してお金を支払い、誠意を見せる。被告人の常からの生活態度からして、刑務所に行かなくても更生は可能だということも、訴える必要があるかもしれません。しかし、そのように情状酌量の余地を求める上で、なくてはならないのは、弁護士の助けです。刑事事件に慣れ、豊富な経験と知識とを持ち、刑事裁判を少しでも有利に進める方法に精通した専門家の支えなく、減刑は望めません。無罪を勝ち取るためにはいや増して、検察の苛烈な追求に対し、プロの弁護活動が必要となります。

もちろん、一つとして同じ裁判はありませんが、罪の軽重を決める上でどのような点が大きな判断基準となるかを、過去の判例から弁護士は知り尽くしています。被告人の知人や親族は、少しでも罪を軽くしてあげたいならば、腕の良い経験豊富な弁護士を探してあげるべきでしょう。

刑事事件・少年事件の弁護士 初回法律相談無料

あらゆる事件に「最善の弁護」を尽くします。
【刑事事件・少年事件の弁護人】

誠実かつ果敢な弁護を信条としています。
【初回相談・初回接見無料|24時間・土日対応】
無料法律相談の詳細を見る(http://www.mockingbird-keiji.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る