離婚の公正証書とは何でしょうか? どういった意味合いで作成するのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 公正証書って何?|横浜で離婚の相談ができる弁護士

法律・弁護士関連の書類と電卓

養育費、慰謝料、財産分与など、主にはお金のことや、その他の約束に関してまとめた書類を、離婚の公正証書と言います。公証役場の公証人が、民法・公証人法などの法律に従い、作成する公文書です。

より噛み砕いて言えば、「お金のことに関してはこうしましょうね」「こういう約束は離婚後も守りましょうね」という内容をまとめたものが、公正証書となります。それを役所に提出することで、もし離婚後に公正証書で取り決めた約束を相手が守らない場合、金銭の支払いについては「強制執行」が可能となります。いわば「差し押さえ」が可能なのです。

  • 公正証書に記載する内容については、ざっと列挙すると、次の通りとなります。
  • 離婚に関する合意
  • 子どもの養育費
  • 面会交流(時間、頻度など)
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 住所が変わった場合などの通知義務
  • 強制執行認諾

これら諸々の約束事を書面にまとめておけば、後から紛争が生じた場合も「離婚前に公正証書で決めたことでしょう」と、相手の言い分をある程度は封じることができます。

もし公正証書を作っておかなければどうなるか――すなわち、諸々の取り決めを口約束だけで済ませていた場合(あるいはまったく決めていなかった場合)は、後から言い争いになった場合、非常に厄介です。夫婦間で「合意」があったとしても、強制執行にあたっては調停・裁判などの手続きが必要とされ、そもそも「合意」があったかどうかの議論も生じるかもしれません。公正証書は必ず離婚前に弁護士に相談して作成しておきましょう。

離婚問題を扱う法律事務所のご紹介

横浜で離婚に詳しい弁護士

離婚の相談ができる横浜の弁護士をお探しの方へ

離婚・男女問題について300を超える基礎知識を掲載しています。
初回1時間の法律相談無料女性弁護士在籍
横浜離婚の弁護士に無料法律相談(http://www.kanagawa-rikon.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る