退職金について質問です。弊社では先日退職した従業員が居ますが、その従業員から退職金の支払いを請求されました。弊社では退職金の支払いは今まで行ったことはなく、また就業規則などでも退職金に関しては規定していません。法律上では退職金を支払わなければならない義務があるのでしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 労働問題について専門の弁護士に無料法律相談 労働問題.com

法律の相談風景

労働基準法などにおいては、会社は退職する従業員に対し、退職金を支払わなければならないという義務はありません。

退職金に関しては、労働契約や労働協約、就業規則の定めに基づいて従業員に支払うことになります。これらの規則などに退職金の支払いに関して明記してあれば、労働基準法の賃金と同等に取り扱われますので、会社側に支払義務が発生します。逆に言えば、就業規則などで定めていないのであれば、退職した従業員側には退職金の支払いに関する請求権はありませんし、会社側にもこれに応じる義務はありません。また就業規則などに明記していない場合であっても、慣行的に退職金を従業員に支払っている場合や、労使間での合意がある場合には、退職金の支払請求が認められる場合もあります。これらの実態が無い場合には、基本的に退職金の支払請求に応じる義務は無いと考えて差障りは無いでしょう。

労働問題を弁護士に無料法律相談 労働問題.com

労働問題でお困りの経営者の方へ
【労働問題.com】

年間100件以上対応の労働問題に強い弁護士
【初回法律相談無料・24時間受付中】
※お電話での対応は9:00~21:00になります。
無料法律相談の詳細を見る(http://www.roudoumondai.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る