入居中のアパートが、今度、取り壊されるようです。大家さんから出ていってくれと言われているのですが、どうすればいいでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 京都で初回無料法律相談受付中 京都はるか法律事務所

壊れた家

賃貸借契約で交わした契約が有効な期間中であるなら、大家さんに言われるままアパートを出ていく必要はありません。

いくらアパートがその大家さんの所有物であるからといっても、「取り壊すから出ていけ」というような乱暴なことが許されるはずもなく、賃貸借契約によって借主の生活の場は守られています。

ただし、もしそれが急なことではなく、賃貸借契約が終わる半年から1年くらい前からそのように予告されていたのであり、その期間が終わったら出ていくように言われていたのであれば、出ていかなければなりません。ただし、その場合にも、大家さんが住民を退去させるには、アパートを壊す理由に“正当性”が必要です。正当性とはたとえば、老朽化が激しくて、このままでは人が安全に住み続けることができない、といったものです。

その他にも、前々からアパートを壊すときには出て行ってほしいと言われていた場合、あるいは退去させる代わりに大家さんが引っ越しの料金を持つなどと言っている場合は、賃貸借契約の残り期間にかかわらず、やはり出ていかなければならないこともあります。

京都の弁護士に無料法律相談 京都はるか法律事務所

聞く力・解く力・伝える力
【京都はるか法律事務所】

初回45分の法律相談は無料です。
土日祝日・夜間対応|女性弁護士在籍・英語対応可
無料法律相談の詳細を見る(http://www.kyoharu.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る