家や土地を買うときの「不動産登記」というのは、どういう意味でしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 京都で初回無料法律相談受付中 京都はるか法律事務所

立派なお家

なんとなく「不動産登記」という言葉のイメージは我々の市民感覚からかけ離れたもので、難しい専門用語という印象がありますが、マイホームを買うときや、土地を買うときには、この登記簿は確認が怠れないものです。

不動産登記とは、不動産に関する様々な重要な情報――土地の所有者の名前や住所、抵当権などの権利がついていないかなどを、法務局が管理する登記簿に記録する制度です。

ただし、法務局が管理しているといっても秘められた情報というわけでもなく、一般に公開されているので、確認しようと思えば誰でも内容は確かめられます。

不動産取引は、特に初めての方にとっては不明点が多く、複雑なことに思えます。購入を予定している物件の所有者がはっきりとしない場合や、不動産の所有権を制限するような権利がついていないかなど、不安に思うところがあれば、不動産登記簿を確認してみてください。自分で見てもよくわからないときには、法律事務所に相談するとよいでしょう。

京都の弁護士に無料法律相談 京都はるか法律事務所

聞く力・解く力・伝える力
【京都はるか法律事務所】

初回45分の法律相談は無料です。
土日祝日・夜間対応|女性弁護士在籍・英語対応可
無料法律相談の詳細を見る(http://www.kyoharu.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る