逮捕された知り合いを保釈してもらうためには、どうすればいいのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 保釈されるには|刑事事件・少年事件の弁護人

逮捕されてうつむく人

世間一般の人々がイメージされる保釈の条件としては、まず「お金」が大きいかもしれません。それも確かにその通りですが、ただお金さえ積めばすべての被告人は保釈されるわけでもありません。

裁判所に保釈を認めてもらうためには、「保釈請求書」を提出する必要があります。「保釈請求書」には、被告人の保釈が認められてしかるべきという理由を書き、またそれを裏付けする資料も要されるわけですが、もちろん、素人の手に負えることではなく、弁護士の助けが必要です。無論、弁護士によって作成された「保釈請求書」も、裁判官の判断によっては認められないこともあります。

そして、保釈を認めるという場合でも、保釈中に被告人がどこに住まうかなどの条件を細かくつけた上で、裁判所は「保釈保証金」を支払わせます。いわゆる「保釈金」です。この額に関しては、おおむね150万円~300万円の間に落ち着くのが通例で、またこの保釈金は、保釈時に裁判所が定めた条件に違反しなければ、判決後にはすべて戻ってきます。

一般的に150万円~300万円というお金は大金です。逮捕された人を保釈してあげたい気持ちは山々でも、いきなり払えるという額ではないかもしれません。しかし、そのような方のために、救済もあります。保釈金を貸し付ける民間業者があるので、そのあたりも弁護士と相談しながら、保釈が認められそうな場合には、被告を支えてあげたいものです。

刑事事件を扱う法律事務所のご紹介

刑事事件・少年事件の弁護士 初回法律相談無料

あらゆる事件に「最善の弁護」を尽くします。
【刑事事件・少年事件の弁護人】

誠実かつ果敢な弁護を信条としています。
【初回相談・初回接見無料|24時間・土日対応】
刑事事件・少年事件の弁護士に無料法律相談(http://www.mockingbird-keiji.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る