通信販売で購入した商品が、欠陥品でした。クーリング・オフは可能でしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る
頭を抱える人

ご紹介:消費者問題でお困りなら【京都はるか法律事務所】

通信販売は、消費者が広告を見て、その商品について判断して購入できるため、販売業者が自ら応じてくれない限りは、クーリング・オフすることができません。

しかし、購入した商品が欠陥品であったり、最初から壊れていたりした場合には、特定商取引法において返品できることがあります。

特定商取引法において、事業者は、広告に次のような事項を記載しなければなりません。

  • 販売価格、送料
  • 代金の支払い方法と時期
  • 商品の引渡し時期
  • 返品に関する規定
  • 事業者の氏名または名称、住所、電話番号
  • 代表者または業務の責任者名

このうち、「返品に関する規定」の中に、特約がない場合も、特約がないことを表示しなければなりません。そしてもしここに「返品不可」という表示が合っても、商品が壊れていたり、欠陥があったりする場合には、商品の返品・交換などの請求がもちろん可能です。

最近は、オークションサイトやインターネット通販で、「ノークレーム・ノーリターンでお願いします」という文言をよく見ますが、このように書かれているからといって、消費者はその通りに従わなければならないこともありません。消費者契約法により、事業者の契約違反、あるいは、あらゆる損害賠償責任を免れるかのような合意は、無効とされます。

消費者問題を扱う法律事務所のご紹介

京都の弁護士に無料法律相談 京都はるか法律事務所

聞く力・解く力・伝える力
【京都はるか法律事務所】

初回45分の法律相談は無料です。
土日祝日・夜間対応|女性弁護士在籍・英語対応可
京都の弁護士に無料法律相談(http://www.kyoharu.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る