一度書いた遺言書を撤回して、新しく書き直すことは可能でしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 千葉の弁護士に遺産相続の法律相談 みどり総合法律事務所

家と電卓とコーヒー

遺言書の書き直しは、遺言者が生きている間であれば、何度でも可能です。

一度は遺言を作ったものの、ご自身の心境の変化や、相続人の事情などで、後々変更したいと思う箇所が出てくることもあるでしょう。その場合には、作り直せばいいだけの話です。しかし、再作成の方法について、口頭での遺言の撤回・変更は不可とされています。

再作成の方法ですが、たとえば最初は自筆で書いた遺言を、後から公正証書遺言として作り直して、全内容を撤回するということも可能です。その逆でも問題ありません。複数の遺言書が存在する場合、後から作られた遺言が前の遺言を撤回したものと見なされ、有効とされます。都度、弁護士に相談しながら遺言を作成すると、要件不備なども防げます。

千葉で弁護士をお探しなら みどり総合法律事務所

千葉の皆さまの一番身近な法律事務所を目指して
【千葉の弁護士 みどり総合法律事務所】

民事事件全般から家事事件、刑事事件に至る法律問題全般を取り扱っております。
夜間・土日祝対応|債務整理に関しては初回法律相談無料
無料法律相談の詳細を見る(http://www.midorisogo-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る