子供が警察に逮捕された場合、まず最初に何をすべきですか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 京都の皆様のための弁護士【初回法律相談無料】 京都はるか法律事務所

逮捕された人・法律問題・刑事事件

心配で、不安でたまらないでしょうが、とにかく一度、警察に電話して担当の警察官と話し、状況を確認してください。どのような事件で逮捕されたのか、被害者は誰なのか、今後どういう流れになるのか。できる限りの状況を聞き、細かい部分までメモします。

普通、警察官は簡単には情報を出してくれませんが、少年事件の場合、親には多少のことを話してくれるようです。根掘り葉掘りでも質問攻めにして、詳しい情報を得ましょう。

そして、掴んだ情報を持って、次に弁護士に相談します。そして弁護士に逮捕された子供に会いに行ってもらい(少年事件の場合は親でも面会できる場合がありますが、まずは弁護士に接見してもらいます)、子供の様子を確認し、事後の方針を固めていきます。

親としてできることは、お金や着替えの差し入れでしょう。差し入れの物品には制限があるので、警察に電話をして、確かめてみてください。洋服でも、紐のついた服や、フードのついたパーカーは自殺の道具となり得るので差し入れできません。便箋や封筒、切手の差し入れも可能で、連絡を取りあうことができますが、種類、枚数などに規定があります。

飲食物は原則的に差し入れできません。ただし留置場では、自分でお金を払えばある程度のものは買えるので、そのためのお金を渡してあげてください。薬の差し入れは不可子供が体調を崩している場合は病院に連れていってもらって、そこで薬の処方を受けます。

京都の弁護士に無料法律相談 京都はるか法律事務所

聞く力・解く力・伝える力
【京都はるか法律事務所】

初回45分の法律相談は無料です。
土日祝日・夜間対応|女性弁護士在籍・英語対応可
無料法律相談の詳細を見る(http://www.kyoharu.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る