クーリング・オフは、すべての契約で有効なのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: クーリング・オフはどういう場合に使えますか?|加西法律事務所

チェックリスト

答えは、NOです。クーリング・オフができる契約は、次の6つに限られます。

  • 訪問販売
  • 電話勧誘販売
  • 連鎖販売取引(マルチ商法)
  • 特定継続的役務提供
  • 業務提供誘引販売取引
  • 訪問購入

よく誤解されますが、「通信販売」はクーリング・オフができないので、ご注意ください。

また訪問販売は、「単にセールスマンが家庭に訪問して商品を売りつけてくる」という形態に限りません。路上で声をかけてくるキャッチセールス、営業所に呼び出して契約を勧めてくるアポイントメントセールスもまた、訪問販売の一形態であり、クーリング・オフが可能です。

訪問販売と対照をなす商法として、事業者が家庭を訪問し、物品を買い取る「訪問購入」がありますが、これに関してもクーリング・オフができます。その他、エステ等の「特定継続的役務提供」についても、実施されるサービスの効果が不確実なので、適切でない勧誘行為が行われやすいものとして、クーリング・オフの対象とされています。

ちなみに「特定継続的役務提供」とは、「エステティックサロン」「語学教室」「学習塾」「パソコン教室」「家庭教師(通信指導も含む)」「結婚相手紹介サービス」の6つとされます。

消費者問題を扱う法律事務所のご紹介

加西市・西脇市・加東市・小野市の皆様のための弁護士 加西法律事務所

この加西から安心の未来を
【加西法律事務所】

加西市・西脇市・加東市・小野市の皆様のための弁護士です。
交通事故被害者の方は初回法律相談無料
加西市・西脇市の弁護士に無料法律相談(http://www.kasailaw.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る