解雇にはいくつかの種類があると聞きましたが、どのような種類があるのでしょう?

  • Pocket
  • LINEで送る
チェックリスト

ご紹介:労働問題はお任せ下さい【鎌倉総合法律事務所】

大きく分けて三種類、「懲役解雇」「整理解雇」「普通解雇」です。

「懲戒解雇」とは

懲戒処分としての解雇のことを、懲戒解雇と言います。

会社の懲戒処分の中でももっとも厳重なもので、通常、解雇予告もなく即解雇され、退職金も支払われません。従業員が法を犯して逮捕されたり、重大な服務規程違反をしたりした場合に、懲戒解雇されることがあります。ただし、実質的には懲戒解雇相当の行為があったとしても、会社の配慮で、従業員に対して辞表の提出を勧め、「自主的な退職」という形をする、「論旨解雇処分」が行われることもあります。

「整理解雇」とは

人員整理のために従業員を解雇する、すなわち「リストラ」のことを整理解雇と言います。

整理解雇については労働者には基本的に落ち度がなく、会社の業績不振などの理由によっての解雇のため、労働者を保護するために様々な法的制限があります。人員削減の必要性が相当にはなく整理解雇した場合には、不当解雇として慰謝料が取れる場合もあります。

「普通解雇」とは

労働者の著しい能力不足、または病気などの理由による解雇を、普通解雇と言います。

ただし、基本的に使用者(会社)の一方的な意思表紙による労働契約の解除なので、労働者には大きな不利益があり、そのため法律で解雇理由には制限が加えられています。「客観的に合理的な理由」があり、「社会通念上相当」でなければ、解雇することはできません。

「不当解雇」とは

法的に認められる懲戒解雇、整理解雇、普通解雇でない、使用者が労働者を解雇する際に定められている諸々の規定・手続きなどを無視して一方的に解雇することを「不当解雇」と言います。例を挙げれば、「一回でも遅刻すれば解雇する」など、合理性がない懲戒解雇は、仮に就業規則にそのように書かれていたとしてもそれは無効で、不当解雇となります。

正当な理由がないにも関わらず突然解雇された場合には、弁護士に相談してみてください。裁判所で「従業員としての地位」が確認されれば、未払い賃金の請求などが可能です。

まとめ

  • 「懲戒解雇」とは、従業員が法を犯したりした場合の、懲戒処分の一つとしての解雇。
  • 「整理解雇」とは、会社の業績不振などを理由とする、いわゆるリストラのこと。
  • 「普通解雇」とは、労働者の著しい能力不足や病気を理由とする解雇のこと。
  • 正当な理由のない解雇は「不当解雇」であり、訴えれば未払い賃金などが請求できる。

労働問題を扱う法律事務所のご紹介

鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所

鎌倉の皆様のための弁護士
【鎌倉総合法律事務所】

古民家の明るい事務所で相談しやすい環境づくりを心がけています。
初回30分のご相談は法律相談料無料
鎌倉の弁護士と無料法律相談(http://www.kamakurabengoshi.jp/)

  • Pocket
  • LINEで送る