残業代は、どのようにして算定すればいいのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る
パソコンと電卓

ご紹介:労働問題はお任せ下さい【鎌倉総合法律事務所】

残業代は、「実労働時間」を基準として計算していきます。なかなか複雑な計算になるので、詳しくは弁護士に相談することをお勧めしますが――ざっと言うと次の通りです。

残業代の算定式

残業代は、「基本額の25%割増」を請求できます。

これを基本として、午後10時~翌日5時までの「深夜労働」については、割増率50%で請求できます。また、「休日労働」では、残業とは別に基本額の35%割増で請求できます。

もし、時間外労働と深夜労働、休日出勤が重なる場合では、どうなるのでしょうか。

「時間外労働と深夜労働が重なる」場合は、割増率50%以上です。「休日労働と深夜労働が重なる」場合は、割増率60%以上。ただし、休日労働として時間外労働(残業)をした場合には、休日労働の規制のみが適用され、8時間を超えても深夜にならない限り割増率は35%とされています。――この通り、条件ごとに複雑なので、詳しくは弁護士に相談を。

また、弁護士に依頼して詳しく計算していく際にも、「どれくらい残業したか」「それが深夜労働であったか」「休日労働であったか」などといった点は、はっきりしていなくてはなりません。さらにそれが本人の「記憶」だけでは証拠になりえないので、どれくらい残業したかは細かくメモを取っておきましょう。もちろん、給料明細なども必要とされます。

このような細かい数字の話になると「何だかよくわからない…」となって腰が引けてしまうかもしれませんが、証拠さえ集めておけば、後は弁護士がすべてを計算してくれます。

残業させられること自体、苦痛ですが、その対価をもらえないことはもっと苦痛です。「サービス残業」で精神的に追い詰められる前に、証拠を集めて弁護士に相談してください。

残業代の算定に特別な配慮が必要となるケース

変形労働時間制、裁量労働制、また事業場外労働のみなし制――会社でこれらが採用されている場合には、残業代の算定もより複雑となります。こうなると、やはり個人で正しく算定するのは尚困難となるので、どうしても法のプロの助けが必要となってくるでしょう。

まとめ

  • 残業代は「基本額の25%割増」で請求できる。
  • 「深夜労働」については、基本額から割増率50%で請求できる。
  • 「休日労働」では、残業とは別に基本額の35%割増で請求できる。
  • 個々のケースで残業代の算定は複雑化するので、わからない場合は弁護士に相談を。

労働問題を扱う法律事務所のご紹介

鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所

鎌倉の皆様のための弁護士
【鎌倉総合法律事務所】

古民家の明るい事務所で相談しやすい環境づくりを心がけています。
初回30分のご相談は法律相談料無料
鎌倉の弁護士と無料法律相談(http://www.kamakurabengoshi.jp/)

  • Pocket
  • LINEで送る