残業代は、どのような方法で請求すれば良いのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 残業代を請求する方法を教えてください。|加西法律事務所

弁護士・法律問題の相談風景

会社に対して残業代を請求する際は、段階として3ステップあります。次の通りです。

まずは「和解交渉」から

最初のステップとしては、和解交渉。つまり、裁判外の、話し合いでの請求を試みます。

具体的には、会社に対して、未払い賃金の支払い――この場合では「残業代」の支払いを要求する旨、内容証明郵便で通知します。対して、会社もその要求を受け入れ、すんなりと支払ってくれれば、和解成立です。

あるいは、要求した満額とはいかなくても、会社から妥当な和解額が提示され、それに対して労働者側も納得すれば、会社から任意の支払いを受けて和解成立です。

和解できなければ「労働審判」へ

裁判外での解決ができなかった場合には、労働審判を申立てることが考えられます。

この方法では、労働審判委員会が事件を審理し、会社と労働者の双方の言い分を聞いて調停を試みます。労働審判は、原則として3回以内の期日で審理が終わることになります。

労働審判を申立てると、申立てた日から40日以内に、まず第一回期日が指定されます。その日には出頭し、裁判官などに対して、残業代支払いを求める旨、その経緯などから詳しく説明していきます。もちろん、この段階でも、弁護士が代理人として間に入れます。

調停が不成立となった場合には、裁判官による審判が下されます。それに異議申し立てがなければ、審判の主文の権利関係が確定。異議申し立てがあれば、訴訟へと移行していきます。

「訴訟」で最終決着

労働審判でも会社側と労働者の間で調停が成立せず、審判に対して異議が申し立てられると、最終段階として通常訴訟の手続きへと移行します。労働審判を経ての訴訟となると証拠も出揃っているので、あまり長期化せず、早い段階で決着がつくことが多いようです。

――しかし、残業代請求の事案で、訴訟にまで至ることはあまり多くありません。会社としても「大事にしたくない」という思いがあるでしょうから、どこかの段階で和解に至るのが一般的です(とはいえ、もちろん、裁判になることもそれなりにはあるのですが…)。

まとめ

  • 残業代請求には、「和解交渉」「労働審判」「訴訟」の三段階がある。
  • 裁判外での話し合い、「和解交渉」で解決できればそれが最善。
  • 裁判外での話し合いで解決できなければ、「労働審判」で調停の成立を目指す。
  • 「労働審判」でも解決できなければ、「訴訟」を起こすことも考えられる。

労働問題を扱う法律事務所のご紹介

加西市・西脇市・加東市・小野市の皆様のための弁護士 加西法律事務所

この加西から安心の未来を
【加西法律事務所】

加西市・西脇市・加東市・小野市の皆様のための弁護士です。
交通事故被害者の方は初回法律相談無料
加西市・西脇市の弁護士に無料法律相談(http://www.kasailaw.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る