土地・家の売買における重要事項説明書とは何でしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 重要事項説明書とは何ですか|京都はるか法律事務所

チェックリスト

不動産業者は土地や家の売買を仲介する際、本格的な契約を交わす前に、その不動産の状況について買主に説明しなければなりません。
土地や家の売主は誰か、購入後にその不動産の使用を制限するような法の規制はないかなどを説明するために買主に対して渡す書面のことを、重要事項説明書と言います。

宅地建物取引業法という法律があり、その中で、不動産業者は売買契約を交わす際、必ずこの説明書を作って買主に渡さなければならないと、明確に定められています。この説明書には、後からどのような場合において契約が解除できるか、また損害が発生した場合には誰が責任を取りどれだけの賠償額を支払うか、などといったことも書かれており、非常に大事です。買主は、売買の直前でなく、なるべく早い段階でこの重要事項説明書を見せてもらう必要があるでしょう。

もし、重要事項説明書について専門的な語句を用いて解説している部分があり、その内容がはっきりと理解できないときには、弁護士に相談することをおすすめします。売買契約書についても、同様です。簡単な内容の契約書であれば、無料法律相談の中で確認に対応してくれる法律事務所もあるようです。

不動産問題を扱う法律事務所のご紹介

京都の弁護士に無料法律相談 京都はるか法律事務所

聞く力・解く力・伝える力
【京都はるか法律事務所】

初回45分の法律相談は無料です。
土日祝日・夜間対応|女性弁護士在籍・英語対応可
京都の弁護士に無料法律相談(http://www.kyoharu.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る