アパートや事務所を借りるときの「敷金」「保証金」「礼金」とは何でしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 礼金・敷金・保証金って何? - 鎌倉総合法律事務所

明るいアパートの一室

「敷金」「保証金」とは、建物を借りるときに、「損害保証金の担保」として支払うお金のことです。もし退去時に滞納した家賃や、修繕すべき箇所がある場合には、この中から額が引かれることになります。残額は借主に返還されることになります。「礼金」とは、入居時に大家さんに支払う謝礼金のこと。したがって礼金は一切返還されません。地域によっては礼金の習慣がないこともあります。

敷金・保証金・礼金とは

「敷金」「保証金」「礼金」とは、建物を借りるときに、あらかじめ貸主に支払う(または「預け入れる」)必要のあるお金のことです。

敷金と保証金に関しては、ほとんど同じ意味です。礼金は、建物を貸してくれる貸主に対する、お礼金です。この他にも、不動産会社経由で契約した場合には「仲介手数料」も発生することが多いですが、ここでは、敷金・保証金、礼金の三つを詳しく説明します。

敷金・保証金とは

敷金とは、もし、その建物に入居してから借主が賃料を払わなかったり、借主に責任のある瑕疵(設備の破損など)を生じさせてしまった場合、明け渡しの際に未払い家賃の支払いや瑕疵の修繕のために使うお金のことです。つまり「損害保証金の担保」となります。

もし、賃料の未払いも一切なく、特に設備や壁紙などの汚損がない場合にも、基本的に敷金が満額返還されることは多くありません。ハウスクリーニングなどのために、ある程度の額が引かれて返還されることになります。

保証金とは、一般的な住居としての借家ではなく、その建物・部屋を事業用の事務所として使用する場合に、借主が貸主に対して支払う、敷金と同様の損害保証金の担保です。

敷引きとは

しばしば耳にする言葉ですが、「敷引き」とは何か。

これは、契約時にあらかじめ合意の約定に基づいて、敷金から償却金を差し引くということです。通常の敷金の返還とは異なって、貸主に責任のある瑕疵がない場合にも、約定の定めによって一部の金額が差し引かれて、その残額が借主に返還されることになります。

礼金とは

礼金とは、入居時に、借主から大家さん(貸主)に支払う謝礼金です。

住まわせてもらうことの「お礼」なので、退去時に返還されることはありません。またあくまで礼金は礼金であり、敷金とは異なるので、礼金を支払っても、退去時の修繕費用などに充てることはできません。地域によっては、礼金の習慣がないこともあるようです。

不動産を扱う法律事務所のご紹介

鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所

鎌倉の皆様のための弁護士
【鎌倉総合法律事務所】

古民家の明るい事務所で相談しやすい環境づくりを心がけています。
初回30分のご相談は法律相談料無料
鎌倉の弁護士と無料法律相談(http://www.kamakurabengoshi.jp/)

  • Pocket
  • LINEで送る