交通事故を起こし、加害者となってしまったときには、まず何をするべきなのでしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 交通事故の被害を受けたら、まずどうすべきですか|京都はるか法律事務所

まずは被害者の救助からです。警察にも連絡し、また保険会社にも連絡しなければなりません。
被害者との示談交渉は保険会社が代行してくれますが、刑事上の問題に関して保険会社はノータッチです。弁護士に依頼して話を進めていかなければならないでしょう。

まず被害者の救助、そして警察への通報

事故を起こしてしまった場合には、必ずその場から立ち去ってはなりません。どのような状態であれ、車を停めて、被害者の救助にあたりましょう。具体的には、第一に、救急車を呼ぶことです。ちょっとした怪我であっても、突然の事故に混乱している被害者が自分で病院を探すことは困難なので、事故の加害者が責任を持って救急車を呼びましょう。

それから、もちろん警察にも通報しなければなりません。警察が発行する事故証明書がないと、保険会社は対応してくれません。保険金が下りなければ、ともすれば非常な高額にもなる損害賠償を自分で支払わなければなりません。

悪質な事故(赤信号無視、ひき逃げ、飲酒運転、無免許、薬物を使用しての運転)でなければ、警察も加害者を逮捕することはありません。警察には事故の発生状況などについても詳しく説明して、実況見分調書や供述調書を作り、後々の展開に備えましょう。

保険会社に連絡する

警察への連絡を済ませたら、できれば事故当日にご加入の任意保険の保険会社に連絡してください。その時点から、すべての示談交渉を任せてしまうことも可能です。事故直後、速やかに被害者に連絡を取り、治療費の支払いなどに関しても対応してくれます。

ただし、報告が遅くなると保険会社の方でも対応に苦慮することになりますし、事故発生後60日以内に報告をしなかった場合保険金が支払われなくなる恐れもあります。

被害者に謝罪する

今は事故発生直後から保険会社が何から何までやってくれますが、自分自身でも被害者に連絡を取って、改めて謝罪するのも、人としての誠意というものでしょう。見舞金は不要かもしれませんが、その気持ちを表現するために、菓子折りくらいは持っていくのが常識です。

事故の内容によっては、民事裁判、刑事裁判となる可能性もあります。そうなると被害者があなたに対してどの程度の処罰感情を抱いているかというのも、判決に大きく影響してくるので、事故を起こした直後から誠意ある対応を見せなければならないでしょう。

状況によっては弁護士に相談しよう

任意保険に加入していれば、損害賠償の示談交渉などは保険会社が代行してくれます。民事上の問題は、保険会社に任せればいいでしょう。しかし、冒頭でも述べた通り、刑事責任については、保険会社は何もしてくれないのが普通です。状況によっては自分で弁護士を見つけて、一緒に被害者に謝罪しに行くなどの対応も大切でしょう。もし死亡事故となり、裁判となった場合も、不当に重い罪に問われない為にも、弁護士は必ず必要です。

まとめ

  • 事故を起こしたらまず被害者を救助する
  • 警察に連絡して事故証明書をもらい、保険会社に連絡する
  • 被害者への謝罪も怠らない
  • 刑事上の責任については弁護士に相談して対応する

交通事故を扱う法律事務所のご紹介

京都の弁護士に無料法律相談 京都はるか法律事務所

聞く力・解く力・伝える力
【京都はるか法律事務所】

初回45分の法律相談は無料です。
土日祝日・夜間対応|女性弁護士在籍・英語対応可
京都の弁護士に無料法律相談(http://www.kyoharu.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る