過払い金の返還請求は、弁護士に相談するべきでしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 京都の弁護士に無料法律相談 京都はるか法律事務所

相談中の風景

結論から言えば、過払い金の返還請求は、弁護士に依頼すべきです。

過払い金の返還請求は、個人でできないこともありません。検索してみればそのような情報もいろいろと出てくるでしょう。

しかし、やはり法の知識のない個人で消費者金融や信販会社などお金を貸す業者を相手にするのは容易ではありません。まず、非常に手間がかかります。そして、業者の方も、一般の相手には強気の態度で臨んできます。不当に低い和解額を出される場合も…。そのようなデメリットまで考えれば、弁護士にすべて任せた方が、いろいろな意味で有益です。

過払い金の返還請求は経験豊富な弁護士に

弁護士もいろいろで、得意分野も異なります。過払い金の返還請求に関しては、手慣れた専門家を探しましょう。本人の代わりに諸々の手続きを代行してくれる上、その対応もスピーディーなので、専門家に依頼すれば、解決までにそう労力も時間もかかりません。

過払い金を取り戻すにはまず、お金を借りて返済していた会社から「取引履歴」を取り寄せることになります。弁護士はその資料から経過をすべて確認し、利息制限法と照らし合わせ、過払い金がいくら発生しているかをチェックします。そして、算出した過払い金を返してくれるように、会社に請求します(場合によっては、裁判で請求することもあり)。

もちろん、弁護士に依頼する以上、お金もかかりますが、多少の費用がかかっても弁護士に依頼する方が現実的に良いということも多いです。「費用倒れにならないか」など、不安がある場合も、今はたいていの法律事務所が無料相談を受け付けているので、その時間を利用していろいろと訊いてみるといいでしょう。

――個人で過払い金の返還請求しようとする場合には、まず、最初に「取引履歴」を取り寄せる段階から、苦労させられます。相手がなかなか送ってくれなかったり、送ってきても取引の一部しか記載されていなかったり…。そこから過払い金の計算をして、請求をして、という手続きは、やはり非常に煩瑣で、法を熟知しない個人の手にはあまる作業です。

弁護士に依頼すれば、かかる手間も労力も、そして得られる成果(取り戻せる過払い金の額)も違います。上で触れた通り、無料相談で、ひとまず話だけでもしてみてください。

まとめ

  • 過払い金の請求は個人でもできるが、非常に手間と労力がかかる。
  • 多少の費用はかけても、法を熟知した専門家に任せる方が良い。
京都の弁護士に無料法律相談 京都はるか法律事務所

聞く力・解く力・伝える力
【京都はるか法律事務所】

初回45分の法律相談は無料です。
土日祝日・夜間対応|女性弁護士在籍・英語対応可
無料法律相談の詳細を見る(http://www.kyoharu.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る