証券会社から「必ず儲かる」と言われ買った先物商品で、大損しました。責任はすべて私にあるのでしょうか? 商品の内容もよく理解しないまま契約した私も愚かでしたが…。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 市川・船橋で一番身近な弁護士に無料法律相談 市川船橋法律事務所

弁護士・法律問題の相談風景

商品の内容について、もし、証券会社から十分な説明を受けなかった場合には、損害賠償を取れる可能性が高いです。金融商品の販売等に関しては、販売時に、業者は顧客に対する「説明義務」を負っているからです。

ただし、説明義務違反の立証は、簡単ではありません。「説明した」「されなかった」の水掛け論となり、客観的な事実が見えてこないまま、消費者が泣き寝入りさせられることもあります。大事なのは、とにかく物証です。金融商品の取引をするときには、メールのやり取りを保存したり、担当者の話を録音しておくくらい慎重さは必要でしょう。また、「必ず儲かる」というフレーズは詐欺の常套句。近寄らない方が賢明です。

ちなみに、説明義務違反は、ただ「説明を怠る」ことを言うのではありません。販売業者は説明を行っていても、顧客がそれを十分に理解していなかった場合――それでも説明義務違反となることがあり、実際、裁判所が損害の何割かの賠償を命じた判例もあります。

実際、金融商品の取引被害に関しては、示談等による解決が難しいという現実があるようです。ともあれ、弁護士に相談して、損害賠償請求が通るかどうか、相談してみるといいしょう。

市川船橋で無料法律相談なら 市川船橋法律事務所

市川・船橋で一番身近な法律事務所
【市川船橋法律事務所】

依頼者のために闘う弁護士事務所です。
市川駅南口から徒歩1分・初回法律相談無料
無料法律相談の詳細を見る(http://www.ichifuna-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る