リスケジュールについて質問です。弊社は経営不振が続き、債務の返済が非常に苦しい状態です。当初の借入契約どおりに利息や元本の返済が難しくなり、将来的にこのまま全額を返済できる見通しが立ちません。そこでリスケジュールという方法を考えているのですが、具体的にはどのようなものなのでしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る
電卓を使う

ご紹介:弁護士による会社再生 無料法律相談受付中 会社再生.com

リスケジュールとは、銀行などからの借入金の返済が、経営や財務状況の悪化により厳しい状態になった場合、銀行との交渉で借入金の元本の返済期間や返済金額、利息の利率などの見直しを行うことです。

リスケジュールの特徴

経営難に陥っている企業が、資金繰りを一時的に改善させるための再生方法として行われることがあります。
具体的な内容については、銀行などの金融機関との間で交わされた約定、つまり返済条件の変更になりますので、全ては相手の金融機関がリスケジュールに合意するかどうかにかかっています。

借入先の金融機関が応じるかどうかは、いかに返済条件の変更に説得力を持たせるかが重要になります。
一般的には将来的な経営計画を策定した上で将来キャッシュフローを算定し、変更後の返済計画に応じて毎年いくらの元利金の返済が可能であるかということを、説得力をもって提示し、理解を得る方法が考えられます。
また、リスケジュールを行った方が、返済期間が当初の条件より伸びたり、あるいは元利金が多少は減少するとしても、民事再生等で回収できなくなる金額が多くなるよりはメリットがある場合にも、金融機関がこれに合意する可能性もあります。

リスケジュールの注意点

ただし注意点として、リスケジュールとはあくまでも一時的な措置であり、債務返済の問題を先送りしているだけに過ぎません。従って、将来的に経営改善により返済資金を捻出し、新たな返済計画に従って借入金を返済しなければならないという状況は変わりません。またリスケジュールを申し込むということが、他でもない自社の経営成績や財務状況が悪化していることを銀行に申告することになるので、今後の融資などについても様々な局面で銀行から警戒される可能性があります。

弁護士による会社再生 会社再生.com

民事再生を使わない「企業再生」
【会社再生.com】

弁護士による民事再生を使わない企業再生を目指します。
【初回1時間の無料法律相談・月1度の無料相談会】
無料法律相談の詳細を見る(http://www.e-kigyousaisei.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る