交通事故に遭ったのですが、加害者が一切表に出てこようとしません。すべて保険会社とやりとりしてくれという態度で、誠意が感じられないのですが、どうすべきでしょう?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 保険会社の対応に納得がいきません|みどり総合法律事務所

法律の相談風景

お気持ちはわかりますが、クールに対処することをおすすめします。保険会社の担当者とは話をしたくない、加害者と直接話さないと気が済まない、とエキサイトしてしまうかもしれませんが、感情的になって加害者を問い詰めても、何もいいことはありません。むしろ、無用なトラブルに発展する場合もあるので、直接交渉は思いとどまってください。

保険会社との話し合いは弁護士に任せよう

相手が任意保険に加入している場合(そうでない場合はもっと厄介なのですが、それはさておき――)は、被害者はその保険会社の担当者と話を進めていくことになります。「加害者を出せ」と言っても同じです。そういうものだと割り切って受け入れるべきでしょう。

担当者は被害者を心配して、いかにも親身になって対応してくれるようではあるのですが、結局は、最終的に自分の会社が出さなければならない賠償額を少しでも抑えることが目的です。つまり、示談交渉のプロ。それなら、少しでも賠償金の額を増やし、精神的な痛苦を軽減するためにも、こちらも弁護士を出して対応することを考えた方がいいでしょう。

示談はやり直すことができない! 慎重に…。

加害者側の保険会社が出てくる場合は、一般的に、その担当者から提示される損害賠償金は、裁判基準と比べると非常に低い額であることがほとんどです。しかし法律のことがよくわからない人には、そんな交渉をするのもストレスで、承服はできないながらに、どこかで「もう面倒臭いからいいや」と心が折れて、判を捺してしまうことになります――。

しかし、一度取り決めとなった示談は、特別な事情がない限り、やり直しはできません。

つまり、保険会社が提示してきた額に納得できない場合、そもそもそれが適正なのかどうか判断に窮した場合には、その時点でも弁護士に相談すべきでしょう(本当はもっと早い段階からすべてを任せてOKですが)。被害者の代わりに、保険会社と交渉してくれます。

多くの場合、弁護士に依頼すれば「裁判基準」で保険会社が提示してくる以上の賠償金が取れます。それが結果的に何より被害者の利となるので、冷静になって判断しましょう。

まとめ

  • 加害者との直接交渉には意味がない! 保険会社の担当者と話をしよう。
  • いくら親身でも保険会社の担当者は賠償金を低く抑えるのが目的なので信用しない。
  • 「示談交渉のプロ」に対しては、こちらもプロの法律家の弁護士を出してやり取りする。

交通事故を扱う法律事務所のご紹介

千葉の弁護士 みどり総合法律事務所(千葉市中央区)

千葉の皆さまの一番身近な法律事務所を目指して
【みどり総合法律事務所】

民事事件全般から家事事件、刑事事件に至る法律問題全般を取り扱っております。
夜間・土日祝対応|債務整理に関しては初回法律相談無料
千葉の弁護士 みどり総合法律事務所(千葉市中央区)
(http://www.midorisogo-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る