相続税は、誰がどこに納めればいいのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 市川・船橋で一番身近な弁護士に無料法律相談 市川船橋法律事務所

法律・弁護士関連の書類と電卓

相続税は、故人から遺産を受け取った相続人それぞれが支払わなければならない税金です。

被相続人の住所を管轄する税務署に、相続から10か月以内に支払うのが原則です。

相続税は、相続した財産の価額を「課税標準」として課される仕組みとなっています。この課税標準のことを、相続税の「課税価格」とも言います。相続税額が一体どれくらいになるかは、基礎控除などもあり、なかなか素人では計算が難しいです。現状、日本で相続税を納めなければならないのは100人に4人ともされていますが、申告漏れで後からトラブルとならないよう、相続の詳しいところについては弁護士に相談するといいでしょう。(相続税の申告については税理士に相談してください。)

故人からの相続、遺贈などによって手にした各財産の評価方法は、非常に細かく設定されているので、理解できない場合には、やはり身近な法律のプロの知恵を借りてください。

市川船橋で無料法律相談なら 市川船橋法律事務所

市川・船橋で一番身近な法律事務所
【市川船橋法律事務所】

依頼者のために闘う弁護士事務所です。
市川駅南口から徒歩1分・初回法律相談無料
無料法律相談の詳細を見る(http://www.ichifuna-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る