子供が事件を起こしたことは、学校に伝わってしまうのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 京都の皆様のための弁護士【初回法律相談無料】 京都はるか法律事務所

教室

伝わることもあれば、伝わらないこともあります。これは、まさしく場合によります。

警察があえて学校に通報するようなことはほとんどありませんが、たとえば、子供が犯した罪が新聞に載ってしまったような場合は、そのために伝わることがあります。あるいは教育委員会が警察に問い合わせて、調査することもあるようです。

もし警察が学校には事件のことを黙ってくれていても、事件が家裁に送られると、家裁は学校に対して調査を行います。具体的には、少年の出席日数を調べたり、成績表を取り寄せたり、担任などから話を聞いたり。そうなると、事件のことを知られるのはもはや致し方ありません。

義務教育期間中は公立の学校であれば、事件のことが発覚しても退学になることはありません。しかし高校や私立中学の場合には、留年・退学という処分が下される可能性はあります。これに関しては保護者が、学校に十分に説明し、寛恕を請うしかありません。あるいは、弁護士を伴って学校に対して申し開きするというのも1つの方法でしょう。少年事件の実績がある弁護士に依頼すれば、少年院に行かずに学校に復学できるよう、家裁に働きかけてくれます。また、なるべく学校には連絡させないように、警察、家裁にも思いとどまらせます。

罪を犯した子供にも、悔い改め、学校で教育を受ける権利はもちろんあります。我が子の未来を守るために、学校に関することも、弁護士に相談してみるといいでしょう。

京都の弁護士に無料法律相談 京都はるか法律事務所

聞く力・解く力・伝える力
【京都はるか法律事務所】

初回45分の法律相談は無料です。
土日祝日・夜間対応|女性弁護士在籍・英語対応可
無料法律相談の詳細を見る(http://www.kyoharu.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る