会社が給料未払いのまま倒産してしまいました。もう支払ってもらないでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 給料の未払いがあるのに会社が倒産しました|みどり総合法律事務所

アドバイス

困難ではありますが、不可能ではありません。倒産した会社から未払いの賃金を回収するためには、公的救済措置の「未払賃金立替払制度」を利用する方法が考えられます。

「未払賃金立替払制度」とは

  • 会社が法律上の倒産に至った
  • 代表取締役が姿をくらまし、労働基準監督署が、事実上会社の倒産を認めた

これらいずれかの場合、労働者に対して事業者から給料が支払われないときに、政府がその一部を立て替えて支払う制度のことを「未払賃金立替制度」と言います。いずれの場合もこの制度の利用については、賃金台帳、タイムカードなど、給与が支払われていないことを証明する資料が必要となり、手続きも煩瑣なので、弁護士など専門家に依頼する方がいいでしょう。

「未払賃金立替制度」で支払われる額

さて、この制度を利用して支払われる金額についてですが、これは、原則として「未払い賃金の80%」とされています。しかし、これを前提に、退職者の年齢によってその「上限額」も定められており、具体的には――30歳未満の場合は88万円、30歳以上45歳未満の場合は176万円、45歳以上の場合は296万円まで、となっています。また、「未払賃金立替払制度」の利用に関しては、退職した日から「半年以内」に申請しなければなりません。

その他の方法で倒産した会社から未払い賃金を取り立てる

倒産した会社から未払いの賃金を請求する方法としては、その他、「仮差し押さえ」または「先取特権に基づく差押え」があります。いずれの場合も、裁判所で手続きを行うことになるので、やはり、非常に煩瑣です。専門家である弁護士に依頼した方がいいでしょう。

「仮差し押さえ」

会社の資産を保全する措置のこと。その中から従業員に対し未払い賃金を支払わせます。

「先取特権に基づく差押え」

給料の最後の六か月分については、会社の債権者や取引銀用よりも優先して、その財産から回収できる制度のこと――これを「先取特権」と言います。ただし先取特権に基づいて差押え命令が裁判所から出るまでには、3~4日の時間がかかります。対して、仮差し押さえはその日のうちに命令が出ることもあるので、先にその申立てをした方がいいでしょう。

まとめ

  • 倒産した会社から賃金を取り立てる方法としては「未払賃金立替制度」がある。
  • 「未払賃金立替制度」とは、事業者に代わって、政府が未払い賃金を立て替えること。
  • その他「仮差し押さえ」「先取特権に基づく差押え」により未払い賃金が請求できる。

労働問題を扱う法律事務所のご紹介

千葉で弁護士をお探しなら みどり総合法律事務所

千葉の皆さまの一番身近な法律事務所を目指して
【みどり総合法律事務所】

民事事件全般から家事事件、刑事事件に至る法律問題全般を取り扱っております。
夜間・土日祝対応|債務整理に関しては初回法律相談無料
千葉の弁護士に法律相談(http://www.midorisogo-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る