どのような行為がセクハラにあたるのでしょうか? 会社で主に言葉による性的嫌がらせを受け、悩んでいるのですが、相手の行為がセクハラになるのかどうかわかりません。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: どんな場合がセクハラになりますか|京都はるか法律事務所

相談中の風景

セクハラとは「相手の望まない性的言動のすべて」のことです。

つまり、被害者がそれを「セクハラ」だと感じれば、その時点で行為者のその言動はセクハラということになります。一般的に男性から女性に対するものがセクハラだと考えられていますが、逆に、女性から男性へのセクハラ、また同性に対するセクハラもあります。

セクハラ行為の例

典型的なセクハラ行為の例としては、次のようなものがあります。

  • 上司が部下に対して性的関係を迫る。
  • 相手の身体を触る。
  • 相手の前で卑猥な言動をする。

これらのセクハラは、場合によっては強制わいせつ罪、迷惑行為防止条例違反などの犯罪にもなります。また、相手が望まない性行為を強制した場合には、強姦罪ともなります。

職場でのセクハラには二種類ある

多くの人がお悩みの「職場でのセクハラ」には、大別して、二種類があります。

一つが、「対価型セクハラ」です。上司などが、部下よりも“上”であるという地位を利用し、性的な関係を要求、それを拒むと降格させたり、不利益な配置転換をしたり、減給したり、解雇したり、このような措置を行うもので、決して許された行為ではありません。

もう一つは、「循環型セクハラ」と呼ばれるものです。身体に触れる、また言葉でのセクハラ(異性関係、下着の色、スリーサイズなどを尋ねる、など)のこと。その他、より間接的なやり口で、たとえばデスク周りにヌードのポスターを貼ったり、パソコンの背景を露出度の高い水着写真に設定したり…「あの人は異性関係がだらしない」などの性的な噂を流すことも、循環型セクハラです。一般に、多くの人が「自分の受けている行為がセクハラなのかどうかわからない」というのは、この、循環型セクハラではないでしょうか。

セクハラが問題となるのは、社内だけではありません。取引先や、外での商談中、顧客の自宅や、会社の忘年会――など、社外でも問題行為があれば、それはセクハラです。気分の悪い思いをしたら、弁護士に相談して、会社に苦情を申し出ることも検討しましょう。

まとめ

  • 「相手が望まない性的言動のすべて」がセクハラになる。
  • セクハラは強制わいせつ罪、強姦罪などの犯罪行為にもなり得る。
  • 職場でのセクハラには「対価型セクハラ」と「循環型セクハラ」の二種類がある。

労働問題を扱う法律事務所のご紹介

京都の弁護士に無料法律相談 京都はるか法律事務所

聞く力・解く力・伝える力
【京都はるか法律事務所】

初回45分の法律相談は無料です。
土日祝日・夜間対応|女性弁護士在籍・英語対応可
京都の弁護士に無料法律相談(http://www.kyoharu.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る