欠陥住宅の相談事例には、どのような種類があるのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 家を買ったら、ひび割れが見つかった。 - 千葉の弁護士 みどり総合法律事務所

チェックリスト

欠陥住宅、また瑕疵として相談事例が多いのは、次の通りとなっています。

欠陥住宅の一般的な相談事例

戸建住宅の場合

  • 屋根からの雨漏り
  • 外壁のひび割れ
  • 外壁からの雨漏り
  • 内壁のひび割れ
  • 基礎のひび割れ

共同住宅の場合

  • 外壁の剥がれ
  • 内壁のひび割れ
  • 給水給湯配管からの漏水
  • 床の変形
  • 屋根からの雨漏り

欠陥・瑕疵住宅問題 どのような流れで対処するのか

もし上記のような欠陥や瑕疵が発見された場合には、専門的な知識を持った弁護士に相談してください。弁護士は依頼者に助言を行い、次のような手順で対応をサポートします。

1)相談

欠陥、瑕疵を特定し、設計書・請負契約書など、法律関係の書類をチェックします。

2)調査と対処法の策定

現地で欠陥・瑕疵の調査を行い、補修方法ができるかどうか、また補修できる場合にはどれくらいの費用がかかるかを調査します。そして、依頼者と相談しながら、相手方に対してどのような請求をするか(瑕疵修補請求か、損害賠償請求か)を具体的に検討します。

3)交渉

実際に相手方(施工主など)に連絡を取り、欠陥・瑕疵への対応を求めます。

建築士の協力が必要とされる場合も多い

欠陥住宅の責任追及は、簡単ではありません。具体的に欠陥や瑕疵がどのような原因から生じているかなどの特定に関しては、弁護士の専門外であり、建築士の助けが必要です。

「建物の構造についての専門家」である建築士に、実際に問題となっている建物を見てもらえば、欠陥・瑕疵の症状が出ている原因について、具体的に鑑定・調査をしてもらうことができます。施工主などに対して正しく責任を追及するためには、不具合がどのような原因によって生じているかをはっきりとさせなければなりません。建物の構造や作業工程から問題の核を見抜くには、専門家である建築士の協力が必要となることも多いのです。

建築士に協力を求めることになると、まず「予備調査」をしてもらうことになります。予備調査とは、建築士が不具合の現象を現地で目視して確認することです。それ以上の調査(本格調査)を行う必要があるかどうかも、おおむねその場で判断できます。予備調査は費用数万円程度です。必要があると判断すれば、弁護士から建築士に協力を要請します。

まとめ

  • 住宅の欠陥、瑕疵の相談事例は、「雨漏り」や内外壁の「ひび割れ」などが多い。
  • 弁護士に相談すると、対処法の策定から交渉までを代行してもらえる。
  • 欠陥や瑕疵の程度を正しく判断し、請求するために、建築士の助けが必要となることも多い。

不動産問題を扱う法律事務所のご紹介

千葉で弁護士をお探しなら みどり総合法律事務所(千葉県千葉市中央区)

千葉の皆さまの一番身近な法律事務所を目指して
【みどり総合法律事務所】

民事事件全般から家事事件、刑事事件に至る法律問題全般を取り扱っております。
夜間・土日祝対応|債務整理に関しては初回法律相談無料
千葉の弁護士 みどり総合法律事務所(千葉県千葉市中央区)
(http://www.midorisogo-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る