気に入った物件があるのですが、家賃が少し高いです。交渉はできるのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 家賃の交渉ってできるの? - 鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所

晴れの日のマンション

家賃交渉については、契約前であれば可能です。不動産会社の担当者と通して、または貸主に対して直接、「もう少し安くしてくれないか」と交渉することができます。ただし一度契約した後では、家賃交渉は難しくなります。とはいえ、土地の価値や地域の家賃相場が下落している場合には、契約後の家賃交渉が通ることもあります。また、貸主から「家賃を高くしたい」と言われることもありますが、借主はこれに応じる義務はありません。

契約前なら交渉可能

契約前ならば、家賃の交渉はもちろん可能です。しかし契約後は難しくなります。

契約前の家賃交渉

その物件を借りようとしている人から、大家さんに対して「もう少し家賃を安くしてください」と交渉することは、一般的によくあり、承諾を得られることも少なくありません。

貸主としても、せっかく所有している建物の部屋が空いたままでは、家賃収入がなく、損です。特に長期間空いている場合、多少の家賃交渉はすんなり通ることもあるようです。

契約後の家賃交渉は容易ではない

長年同じ部屋に住み続けていると、時の経過と共に、その地域の家賃相場が下がり、相対的に家賃が高くなる、ということがあります。その場合、交渉はできるのでしょうか?

基本的に、契約後の家賃交渉は不可能です。一度契約した以上、原則、家賃は下げてもらえません。しかし、一切受け付けてもらえないというわけでもありません。「借家借地法32条1項」にもあるように、家賃改定から相当な期間が経過している場合、周囲の家賃相場と比べて高額である場合には、例外的に家賃の減額が法的に認められることもあります。

「家賃増額」の請求にはどう対応する?

貸主から、「家賃を高くしたい」と言われることがあります。その理由も様々ですが、基本的にこの請求には強制力はありません。借主は、家賃の増額に応じる必要はないのです。

ただし、これも上と同様、時に経過に伴い、「土地建物の価格そのものが上昇した」「周囲との家賃相場と比べて低額すぎる」という場合には、法的に認められることもあります。

もし、当事者同士での交渉がまとまらなかった場合には、貸主から、民事調停が申し立てられることもあります。そのような展開になれば、借主は、調停の場で、その増額が不相当であることを訴えなければなりません。調停でも話がつかなかった場合には、最終的に裁判になることもあります。そうなれば、弁護士の助けを得なければならないでしょう。

不動産を扱う法律事務所のご紹介

鎌倉の弁護士 鎌倉総合法律事務所

鎌倉の皆様のための弁護士
【鎌倉総合法律事務所】

古民家の明るい事務所で相談しやすい環境づくりを心がけています。
初回30分のご相談は法律相談料無料
鎌倉の弁護士と無料法律相談(http://www.kamakurabengoshi.jp/)

  • Pocket
  • LINEで送る