話し合いだけでは解決できそうにないので、調停離婚を考えています。家庭裁判所に申し立てればいいと聞いたのですが、具体的にどのような流れで調停は進むのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 横浜で離婚の相談ができる弁護士 初回法律相談無料

離婚届と印鑑

夫婦間で協議を重ねても離婚の話がまとまらない場合には、家裁に申し立てれば、調停手続きを利用することができます。

では、それが具体的にどこの家庭裁判所かというところですが、これは、原則として「相手方の住所地を管轄する家庭裁判所」となります。

たとえば、大阪で同居していた夫婦が、今は神戸(夫)と大阪(妻)で別居していたとしましょう。妻から離婚調停を申し立てる場合には、神戸を管轄する家裁に申し立てる必要があります。夫が調停を申し立てる場合は、その逆で、この例では大阪の家庭裁判所に調停を申立てます。ただし一方が指定した裁判所で調停を進める旨を、相手が合意した場合には、必ずしもこの原則にとらわれず、合意で定めた家裁に申し立てることも可能です。

離婚調停では、民間から選ばれた調停委員2人と、裁判官である審判官が1人で調停委員会が構成されます。離婚を決意するに至った経緯、夫婦双方の言い分などを聞き、お互いが納得した上で離婚するかしないかを選べるように、調停委員がアドバイスを送ります。

調停で当事者同士が納得すると、調停は成立します。結果として離婚するもしないも、夫婦の合意次第です。何度調停しても二人の意思が割れて、平行線という場合には、調停は不成立として終了――調停前置の原則を踏んだとして、訴訟を提起することも可能です。

横浜で離婚に詳しい弁護士

離婚の相談ができる横浜の弁護士をお探しの方へ

離婚・男女問題について300を超える基礎知識を掲載しています。
初回1時間の法律相談無料女性弁護士在籍
無料法律相談の詳細を見る(http://www.kanagawa-rikon.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る