離婚する方法として、夫婦での話し合い以外にも何か手段があるのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 横浜で離婚の相談ができる弁護士 初回法律相談無料

法律の相談風景

離婚の方法は、4つあります。ご質問の中にある「夫婦での話し合い」による離婚の方法でもっとも一般的なもので、「協議離婚」です。その他に「調停離婚」「審判離婚」「裁判離婚」があります。

基本的に夫婦の合意があれば離婚は可能で、「協議離婚」はもっとも平和的な婚姻関係解消の手段と言えるでしょう。離婚届に夫婦が必要事項を記入し、署名・捺印して市区町村の役場に提出すれば、離婚成立となります。

しかし、すべての離婚が話し合いだけで円滑に進められるわけではありません。家庭裁判所の調停委員を介した「調停離婚」、さらに家裁の審判による「審判離婚」、裁判所の裁判による「裁判離婚」と、夫婦間の協議では話がまとまらない場合には、このうちいずれかの手段で婚姻関係を解消することになります。各方法を簡単に説明すると以下の通りです。

調停離婚

家庭裁判所における離婚調律により離婚が成立させることを、調停離婚と言います。具体的には、客観的な立場として家事裁判官1名と調停委員2名が間に入り、双方の言い分を聞きながら話し合いを進め、お互いの合意が出たところで、離婚という流れになります。

審判離婚

家庭裁判所の審判による離婚することを、審判離婚と言います。調停を進めても双方の合意が取れず、離婚が不成立となった場合に、裁判所のジャッジを求めることができるのです。すなわち、当事者同士の「合意」に替わる、各事情も鑑みた裁判所の「審判」による離婚です。

裁判離婚

裁判所で「裁判」を行い、離婚することを、裁判離婚と言います。話し合いがもつれ、調停も不成立となり、それでも「どうしても離婚したい」という場合には、裁判所に訴えることで、夫婦の離婚問題に関して法的な強制力のある「判決」を求めることができます。

裁判で離婚が認められるためには、夫婦のどちらかに、法的に離婚の“原因”とされるものがなければなりません。民法では次の通り、五つの「離婚事由」が定められています。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないこと
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由
横浜で離婚に詳しい弁護士

離婚の相談ができる横浜の弁護士をお探しの方へ

離婚・男女問題について300を超える基礎知識を掲載しています。
初回1時間の法律相談無料女性弁護士在籍
無料法律相談の詳細を見る(http://www.kanagawa-rikon.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る