遺産の「限定承認」とはどういうことでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 遺産より借金の方が多い場合|北九州の弁護士 小倉駅前法律事務所

アドバイス

故人が残した遺産と負債、どちらか多いかわからないときに、(その人が亡くなってから)3か月の熟考期間のあいだに諸々詳細を検分(精算)しながら、プラスの財産が多ければその分を相続し、もし負債の方が多ければその分は相続しない、という手続きを踏むことを、「限定承認」と呼びます。

俗な言い方をすれば、「いいとこ取り」といった方法です。

しかし、「限定承認」は多少煩瑣な手続きも多いので、実際にこの方法を利用する人は多くありません。財産を精査するために「相続財産管理人」をつけたり、故人の借金を方々に返してから残る財産を分けたりすることになるので、時間も手間もかかってしまいます。

とはいえ、そのような労力を取ることになっても、限定承認の手続きをした方が良いという例もあります。「財産のプラス、マイナスがどちらも多くて、パッと見ただけでは精算後にお金が残るかどうかも不明だけれど、あるいは多額の財産が残るかもしれない」――という、そんな状況なら、弁護士に相談してじっくりと片付けていく意味もあるでしょう。

遺産相続を扱う法律事務所のご紹介

北九州市の弁護士 小倉駅前法律事務所

北九州で弁護士をお探しのみなさまへ
【小倉駅前法律事務所】

便利身近分かりやすくかつプロフェッショナルな仕事を目指します。
【無料法律相談・平日夜間 土日対応】
北九州市の弁護士 小倉駅前法律事務所(http://www.kokura-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る