相続はどのような流れで進んでいくのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 無料法律相談可能 北九州の身近な弁護士 小倉駅前法律事務所

仕事をする人

相続する遺産があるかどうか、ある場合はその多寡、または遺言の有無、そして相続人の人数によって異なりますが、例として70代男性が亡くなり、その奥様、そして長男と次男が相続する場合は、次のような段階を踏みます。

まずは、「相続」の発生です。故人がなくなると同時に、負債も含めた遺産を相続人で分けることになります。この例では、奥様(つまり相続人の妻)が1/2を、そして長男と次男が1/4を分け合います。相続する遺産の中に不動産や自動車がある場合は、相続人全員で「共有」します。

さて、しかし、故人からこの相続される遺産は、必ずしもすべてを相続しなければならないわけではありません。故人が亡くなってから相続するかしないか、すなわち「承認」するか「放棄」するかを選択できます。期間としては、故人が亡くなってから3カ月間、熟考することが許されます。

遺言がある場合には、故人の遺したメッセージ通りに遺産を分けることになります。もし遺言が残されていない場合には原則として上述の通り、この例では妻が1/2、兄弟が1/4ずつの分配となりますが、協議によって分け方を変えることは可能です。話し合いで平和的に解決できれば、まとまった協議の内容について「遺産分割協議書」を作成、全員がその書面の内容に納得している証として実印を捺せば、その通り財産を分け合うこととなります。

――では、話し合いで解決できなかった場合。遺産分割協議が紛糾した場合ですが、そのようなケースでは弁護士に間に入ってもらって調整、あるいは家裁に申し出て「調停」の手続きを取ることとなります。調停委員が話し合いを取り持って協議の通しどころを探ります。それでも決着がつかない際には、裁判所の「審判」により決めることになります。

無料法律相談可能 北九州の身近な弁護士

北九州の弁護士に無料法律相談
【小倉駅前法律事務所】

便利身近分かりやすくかつプロフェッショナルな仕事を目指します。
【無料法律相談・平日夜間 土日対応】
北九州の弁護士について詳細を見る(http://www.kokura-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る