故人が遺産として不動産や土地を残したときにはどうすればいいのでしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 無料法律相談可能 北九州の身近な弁護士 小倉駅前法律事務所

立派なお家

法定相続人で遺産を共有するのが原則です。たとえば、故人が妻と子どもを三人残したというケースであれば、妻が1/2を持ち、子ども三人がそれぞれ1/6の割合で、その土地を共有することとなります。これを「遺産共有」と言います。

そうはいっても、いつまでも土地などを「共有」しておくというわけにはいきません。具体的なお金に換えて、それを分けたり、誰かが一人で所有することにして、その分のお金を他の人に支払ったりと、何らかの「分け方」について考えなければならないでしょう。

相続人たちで共有中の遺産は、いつでも協議により分割することができます。これを「遺産分割」と言い、その方法としては、「現物分割」「換価分割」「代償分割」があります。

  • 現物分割…土地をそのまま、現物で分け合う方法。
  • 換価分割…土地などをお金に換えて、そのお金を相続人で分け合う方法。
  • 代償分割…誰かが財産を取り、その代償として、他の相続人にお金を払う方法。

「現物分割」に関しては、土地がひとつしかない場合では難しく、広く一般的なのは「換価分割」や「代償分割」となります。詳しい流れは弁護士に相談しながら決めましょう。

無料法律相談可能 北九州の身近な弁護士

北九州の弁護士に無料法律相談
【小倉駅前法律事務所】

便利身近分かりやすくかつプロフェッショナルな仕事を目指します。
【無料法律相談・平日夜間 土日対応】
北九州の弁護士について詳細を見る(http://www.kokura-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る