事情があり、賃料を増額したいと思っています。まず、そのようなことは許されるでしょか? そして、賃料の増額については、住民にどのように伝えればいいでしょうか。

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 薩摩川内の皆様のための弁護士 無料法律相談可能 清水法律事務所

家の査定

当事者間の話し合いで合意を得ることができれば、賃料の増額は可能です。正式な形での書面で伝えるのが一番なので、詳しくは身近な弁護士に相談することをお勧めします。

しかし、賃料増額に使用者が応じてくれない場合には、一方的にそのように処理することはできません。もし話し合いで合意が得られないならば、簡易裁判所に民事調停の申し立てを行います。この調停によって解決できれば話はまだ簡単ですが、それでも借主が承服してくれない場合には、(そう望むならば)訴訟という手段を取ることになります。

借りている側の権利としては、増額請求があっても、当面は賃借人が相当と認める賃料を払えば(つまり従来の家賃を払えば)、その額で部屋に居座ることができます。これは貸す側としても受け入れるしかないでしょう。ただし調停や訴訟などによって賃料が確定した後は、それまでの期間の不足分は、年1割の利息を付して請求することが可能です。

法律事務所のご紹介

薩摩川内で無料法律相談 清水法律事務所

薩摩川内市内をはじめとする皆様のために
【清水法律事務所】

紛争の抜本的解決へ向けた見通しまでご説明します。
法テラスの利用で無料法律相談を受けられます。
薩摩川内の弁護士に無料法律相談(http://www.shimizu-bengoshi.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る