部屋の一部の設備を修繕したいのですが、費用は貸主の負担となるのでしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 薩摩川内の皆様のための弁護士 無料法律相談可能 清水法律事務所

家を持った女性

契約書次第ですが、多くの場合、ごく普通に生活していて、その中で故障した設備は貸主の負担で修繕するのが一般的です。

もし、入居してからしばらく経って気が付いた設備の故障も(たとえばエアコンの不具合など)、貸主にその費用を負担してもらい、修繕させることができます。

まずは大家さんや管理会社に電話して、相談してみるといいでしょう。そのまますんなりと話が通ればいいですが、もし相手が「その修繕に関しては借りている人の責任だ」というような主張をするならば、契約書を確認し、弁護士に相談するのも1つの方法です。

もし、大家や管理会社が設備を修繕しないために、著しく居住性が損なわれたり、またはその部屋で暮らすこと自体が困難だったりする場合には、借主はその期間の賃料支払い義務を免れます。簡単にいえば、問題の箇所を修繕してもらうまで、家賃を支払わなくてもいい場合もあるというわけです。

薩摩川内で無料法律相談 清水法律事務所

薩摩川内市内をはじめとする皆様のために
【清水法律事務所】

紛争の抜本的解決へ向けた見通しまでご説明します。
法テラスの利用で無料法律相談を受けられます。
無料法律相談の詳細を見る(http://www.shimizu-bengoshi.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る