遺産相続

遺産の「限定承認」とはどういうことでしょうか?

アドバイス

故人が残した遺産と負債、どちらか多いかわからないときに、(その人が亡くなってから)3か月の熟考期間のあいだに諸々詳細を検分(精算)しながら、プラスの財産が多ければその分を相続し、もし負債の方が多ければその分は相続しない、という手続きを踏むことを、「限定承認」と呼びます。

続きを読む

相続放棄とはどういうことでしょうか?

拒否

故人が必ずしもプラスの財産を残すわけではありません。中には、負債が残ることもあります。たとえば住宅ローンや、事業上の借金、等々。
これらの負債は、相続人が無条件で受け継がなければならないものではないので、ご安心ください。故人が亡くなってから3カ月の熟考期間のあいだに、「承認」「放棄」「限定承認」という3つのうちから対応を決めることが可能です。

続きを読む