ネットオークションで購入したブランド品が、偽物でした。出品文には確かに本物と書かれていて、それを信じて代金を支払ったのですが、返品することは可能でしょうか?

  • Pocket
  • LINEで送る

参照元: 市川・船橋で一番身近な弁護士に無料法律相談 市川船橋法律事務所

法律・弁護士関連の書類と電卓

ネットオークションは今でこそ当たり前ですが、基本的に、個人間の取引はリスクが高いので、その点には、よくよくご注意ください。

さて、本件についてですが、取引相手の名前や住所がわかっている場合には、内容証明郵便を送り、「本物を渡してください」と催告することが可能です。

ただ、恐らくこのケースでは、相手側も最初から真正な商品(本物)を在庫してはいないでしょう。そのため、まずは個人間の交渉において返品・返金を求めることになります。相手がそれにも応じなければ、民事訴訟を検討することになります。

ネットオークション、またネットショッピングのトラブル予防として、次の三点は非常に重要です。まず「代金の支払い前に取引相手の氏名、電話番号、住所を聞くこと」、それから「相手から聞いた情報を確かめること(電話をかけるなどして連絡がつくか確認)」「相手との取引の記録を残すこと」です。こうした予防策を取っておけば、まず、後から厄介なトラブルになることはありません。相手方に後ろ暗い事情がある場合には、最初の段階で(住所や電話番号を聞いた段階で)、もう連絡を寄越してこなくなるでしょう。

それでももし、トラブルになった場合には、内容証明郵便を送付したり、それでも応じない場合には民事訴訟を提起します。弁護士に相談するのもいいですが、もし「詐欺」にあった可能性が高い場合には、警察に相談しましょう。

市川船橋で無料法律相談なら 市川船橋法律事務所

市川・船橋で一番身近な法律事務所
【市川船橋法律事務所】

依頼者のために闘う弁護士事務所です。
市川駅南口から徒歩1分・初回法律相談無料
無料法律相談の詳細を見る(http://www.ichifuna-law.com/)

  • Pocket
  • LINEで送る